知ってた?便通を改善するための「正しいビフィズス菌の選び方」とは

 
Sponsored by 日清ファルマ株式会社

 

突然ですが、こんなお悩みはありませんか?

 

 

このような悩みの多くは「悪玉菌による腸内環境の乱れ」によるもの。

 

「スッキリのために、いろいろ対策している!」という方は多いですが、うまくいっていない方も多いです。

 

「お通じ」を改善するには、どういう対策をとればよいのでしょうか?

 

「お通じ」に悩んでいるなら、ビフィズス菌を摂ろう!

 

善玉菌の代表格と言えば、「ビフィズス菌」ですよね。

 

でも、「ビフィズス菌」は年齢とともに、どんどん減っていってしまいます…

 

 

減ったものは補わないといけません。

 

でも、ここで注意したいのが

「ビフィズス菌ならなんでもいい訳じゃない」ということ。

 

ちゃんと「お通じ改善」の機能があるビフィズス菌を選ぶ必要があるんです。

 

「ビフィズス菌選び」で失敗したくないなら「BB536株」を選ぼう!

 

ビフィズス菌といっても、いろいろな種類がありますが…

 

「お通じ改善」の為に摂るなら、「BB536株」というビフィズス菌がオススメです。

 

オススメする理由は3つあります。

 

このような特徴から考えると、

「お通じ」に悩んでいる人にはピッタリのビフィズス菌だと思いますよね。

 

でも、摂取するに当たって、1つだけ注意すべきことがあります。

 

それは…

 

生きたまま大腸まで届けないと意味がないということ。

 

ですが、実際に「生きたままのビフィズス菌」を大腸に届けるのは結構難しいんです…。

 

詳しく説明しましょう。

 

ビフィズス菌を「大腸に生きたまま届ける」のは難しい 

 

なぜ「大腸に生きたビフィズス菌を届ける」のが難しいのでしょうか?

 

その原因は「ビフィズス菌のデリケートさ」にありました。

 

ビフィズス菌は非常にデリケートなので、大腸に届く前に大半が死んでしまうんです。

 

 

ビフィズス菌が入っている食品を積極的に食べたとしても、胃酸や小腸の胆汁で大半が死んでしまいます。

 

 

せっかく「ビフィズス菌」を摂ったのに、

 

大腸に届く前に死んでしまってはもったいないですよね…。

 

では、「生きたビフィズス菌を大腸に届ける」にはどうしたらいいのでしょうか?

 

生きたビフィズス菌を大腸に届けてくれる※1
「日清ファルマのビフィコロンS」

 

※1 臨床試験において「ダブルガードカプセル」を摂取した成人男性の83%で摂取後、カプセルが胃や小腸を通過し、大腸付近で崩壊することが示唆されています。(峯村ら、腸内細菌学雑誌、26(3);183-187(2012))

 

そこでおすすめなのが、日清ファルマが開発した「ビフィコロンS

 

ビフィコロンS一番の特徴は「大腸まで、ビフィズス菌を生きたまま届けてくれる」という点です。

 

なぜそんなことが可能なのでしょうか?

 

その秘密は特許取得※2の「ダブルガードカプセル」にありました。

 

わかりやすいように図を使ってご説明します。

※2 特許第5087167号 発明の名称:ビフィズス菌大腸デリバリーカプセル及びその製造方法

このような、ダブルガードカプセルの働きによって、「大腸まで、ビフィズス菌を生きたまま届ける」ことが可能なのです。※1

 

しかも、1日1粒(目安)なので飲む負担が少なく、続けやすい!というのが嬉しいところ。

※1 臨床試験において「ダブルガードカプセル」を摂取した成人男性の83%で摂取後、カプセルが胃や小腸を通過し、大腸付近で崩壊することが示唆されています。(峯村ら、腸内細菌学雑誌、26(3);183-187(2012))

 

>>大腸までビフィズス菌を生きたまま届けるビフィコロンSの詳細を見る

 

ビフィコロンSは500円(税込)で試せます

 

そんな「日清ファルマのビフィコロンS」は、モニターを募集中です。

なんと!モニターに参加することで約2週間分を500円(税込)で試すことができます!

 

ただし、「今までビフィコロンSを購入したことが無い方」限定となります。(1世帯1個1回限り)

 

見逃してはもったいないほど、お得な機会なので、

「条件に当てはまる!」という方はぜひ、モニターに参加してみてください。

 

興味がある方は以下から詳しい情報をどうぞ。

 

 

 

【機能性表示食品】届出番号D318

【届出表示】本品には生きたビフィズス菌(BB536株)が含まれます。ビフィズス菌(BB536株)には腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています。

本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

 
 
 
 
 
 

Copyright© Health News Magazine All right reserved.